枠、馬場、展開から穴馬を発掘する新時代の競馬予想&情報ブログ

【回顧】今月末の東京大賞典2019を展望する・クリソベリル完勝も上位拮抗

チャンピオンズカップ

今回はチャンピオンズカップ2019の振り返り・回顧を。

チャンピオンズカップは上位人気勢の叩き合いとなりましたが、最後は間を抜け出し無敗の3歳馬クリソベリルが勝利! 新ダート王の誕生という、今後が楽しみになる結末でした。

スポンサーリンク



期待した◎チュウワウィザードは今回福永騎手に乗り替わり、だいたい想定通り、

「少し弱気に出て差し遅れて2~3着」

という感じで買っていたのですが…あと一歩及ばずの4着。もう一列前を取りたかった…ですが、騎手のタイプ的にそこまで期待するのもアレですし、今回は仕方ないですね。レース自体は力と力のぶつかり合いでした、上位勢は1.2.4.6着は互角、3着インティはやや物足りなかった…というのが正直なところ。

~チャンピオンズカップ 2019 結果

1着 ▲5クリソベリル(2人気)
2着 △11ゴールドドリーム(1人気)
3着 ○4インティ(3人気)
——-
4着 ◎3チュウワウィザード(5人気)

ポイントはやはり馬場と展開でしたか。土曜の段階からイン有利が目立った中京ダート。ペースがどうこうというよりもインティが楽にスッと行ったことで隊列がバシッと決まり、この時点で外を回した組はよほど力がないと来れない競馬に。

結果的にも上位勢は力があった上に立ち回りも良かった。

クリソベリル →インラチ沿い2列目追走
ゴールドドリーム →ラチに寄せて好位追走
インティ →逃げ
チュウワウィザード →ラチ沿い3列目追走
キングズガード →後方2番手ラチ沿い追走

というわけで、結果的には力がある馬が立ち回りも上手で、枠も良くキッチリ好走。ゴールドドリームあたりはさすがルメールでしたね。

オメガパフュームはこういう競馬になるとやっぱり瞬時加速できない分、難しいですね。この馬にはチャンピオンズカップの条件が合わないってことでしょう。

クリソベリルは昨日のパフォーマンス自体は抜けたモノではないですが、もともとチャンピオンズカップの中京ダート1800mが合うってタイプでもないと思うので、距離延びたら1~3着の差はさらに広がりそうな気はしました。そういう意味では完勝。

スポンサーリンク



さて、一部回避もあるようですが、順調ならば上位勢の次走は…東京大賞典2019

正直、今回の結果は東京大賞典がとても楽しみになるものでもありましたね。

上位勢の次走が東京大賞典だとして、買いたいのはこの馬!
人気ブログランキングへ

覚えておこう、ホトトギス。今月末の決戦が今から楽しみだ(; ・`д・´)

今年の中央競馬もあと7日。全部勝つつもりでねじ巻いていきます。

by
SNSでフォローする