枠、馬場、展開から穴馬を発掘する新時代の競馬予想&情報ブログ

◆ファンタジーS 2019 予想~かつてはラインクラフトが、スイープトウショウが駆けたレースも今は低位混戦が定番に~

ファンタジーS

本記事では本日の重賞・ファンタジーステークス2019の予想をお送りします。

※競馬ノートの読者の皆様※

一部未着のご連絡があります。docomoアドレスの方多めです。未着の場合、必ず info@taro-k.com からのメールを受信できる状態にした上でお問い合わせください。方法はコチラ

また昨日お送りしたトリセツ(取り扱い説明書)をGmailで受信している方は迷惑メールに入ってしまった可能性があります。併せてご確認ください。

スポンサーリンク



一番好きな季節がいつかと問われれば間違いなく、夏、と即答しますが、では一番嫌いな季節は…

11月です。

私はこの11月が来ると冗談抜きに憂鬱な気持ちになるので、今月は……

競馬モード で行きます。

無理にこの憂鬱を吹き飛ばす必要もないので、例年通りですね。寒くなり始める時期でもありますし、今年は年末に本を出版する予定もないので、地に足をつけて、心穏やかに落ち着いて過ごそうと思います。基本、11月は禁酒で行きます。

したがって、今月の我が予想には期待してください。だって他にすることないですからね。飲みにも極力行かず、遊びにも行かず、今後に向けて種をまく時期だと思って地味に過ごします。ですから、競馬に対してのモチベーションは高い。

競馬ノートもまだなら今月からでも読んでおくべきだと、11月の始まりにお伝えしておきます。

どうぞ、コチラからすぐ購読できます。

では、早速重賞4つの週末。まずはファンタジーS2019の予想。

スポンサーリンク



-ファンタジーステークス 2019 予想

かつてはスイープトウショウ、ラインクラフトといった、後にクラシックを賑わす馬たちが駆け抜けた秋の淀の1400m重賞ではあるが、近年はかつてよりは地味な印象が強くなった。過去10年で目立つ存在といえば、昨年のダノンファンタジー。ただ、そのダノンファンタジーとてクラシックでは結局出番がなかった。あとは3年前、ディアドラが3着。

つまるところ、スケールや将来性を問われるレースというよりは、現状の仕上がりの早さやスピード能力が重要になる一戦だ。

今年は難解というか、複雑怪奇な組み合わせではあるが、Bコース替わりとはいえ現状の馬場状態や先行勢がそれなりに揃ったメンバー構成を考えれば、おのずと狙いは見えて来るだろう。

決め手が生きる京都外回りなら、狙いはこの馬が良い。

人気ブログランキングへ

初戦は外から抜け出して楽々と差し切り勝ち、一気の2F延長となった前走も2着にまとめており、水準以上の能力の高さを見せている。前走のレースぶりを見ても平坦替わり&距離短縮は間違いなくプラスになりそうだし、枠も外めの良いところを引けただろう。決め手なら一枚上とみる。

対抗以下は難解だが、思い切ってレ美禄攻めてみたい一戦だ。


中央競馬ランキング

対抗以下、買い方なども含めたフル予想は競馬ノートにて配信済み。是非、11月からでも読んで見ることをオススメします。年末に向けて、ギアを上げていきましょう^^

 

by
SNSでフォローする