枠、馬場、展開から穴馬を発掘する新時代の競馬予想&情報ブログ

【毎日王冠 2019 予想】秋盾2強対決に割って入る◎ダノンキングリー!【ヒモ荒れ期待】

10月の中央競馬初日…。

土曜日は開幕日ということもあり、比較的落ち着いたスタート。

勝負レース=自信のあるお金を賭けるべきレースはひとつだけ。

新潟12Rでした。

~新潟12R 飛翔特別 結果

1着 ○15ファストアズエバー(1人気)
2着 ▲12アリエスムーン…穴推奨(11人気)
3着 ◎9ペイシャドリーム(4人気)

3連複 9-12-15 12,610円

大本線\( ‘ω’)/

多くの勝負レースを配信したうちのひとつが当たった…

わけではなく、

たった一つだけの勝負レースでの的中。競馬はもちろん当てることも大事ですが、狙いどころを定めて当てる、このことはより大事です。

極端な話、1000円しか買わない適当なレースが10レース連続で全部外れても、

自信のある単勝2.5倍のレースを1万円買えれば、それで回収率は125%になるわけです。

投資=1000×10+10000×1=20,000円
回収=10000×2.5=25,000円

これで125%ですね。

勝負度が高いレースで当てる、これはとても大事なのです。

そして、競馬って目の前のレースの予想も大事ですが、こうしたトータルのマネジメントであり、また思考法がもっと大事だったりします。

そのことを意識し、より高みを目指し、回収率アップを目指すのがTAROの競馬ノートです。

まずは、読んでください。新しい世界が開けます。そして回収率を上げるために何をして行けば良いか、その習慣や思考が身に付くはずです。

唯一無二だと自信があります。

まぐまぐでの購読なら初月無料。競馬ノート購読はコチラにて。即購読できます。なお、本日の京都大賞典は競馬ノート限定配信です。


スポンサーリンク



【本日のガチ馬/京都10R 藤森ステークス】→人気ブログランキングへ

※”ガチうま” とは、妙味も考えつつ確実に複勝圏内(3着以内)に走る軸馬を1日1頭限定で推奨するコーナー。

推奨理由:ダートの差し馬ながらも不発の可能性は少ないタイプで溜めればキッチリ脚を使える。重賞級の能力をもともと認めていた馬。ココも勝ち負けになる。

▽馬名はコチラ

中央競馬ランキング
————————————————————

おはようございます!

早速ですが今日は毎日王冠の予想へ行きましょう。

本日の競馬ノートの配信予定レースです。

まずは、京都大賞典。

最終結論は競馬ノート完全限定公開!

さらに購読開始と同時に以下の予想が届きます。

~新潟?R 前半戦の予想
~東京10R グリーンチャンネルカップ
~波乱必至? 新潟の某レース
~京都11R 京都大賞典
~東京11R 毎日王冠→当ブログでも印を公開!

▽競馬ノートはコチラから

 

では、

【毎日王冠】

土曜を見る限り東京の芝コースはそこまで内有利という状況ではなく、極端な馬場の有利不利は考えなくて良さそうだ。力と力の勝負。

そうなれば、やはり軸はダノンキングリーだろう。

皐月賞ではゴール前差し返す脚を見せ3着、適距離よりは長いダービーでも好位からの安定した立ち回りで2着と、サートゥルナーリア、ヴェロックスとともに春のクラシック3強を形成、安定感ならナンバーワンだろう。

一連の競馬からベストは1800m前後、ココは普通に走れば好勝負。できれば勝って、天皇賞(秋)でアーモンドアイ、サートゥルナーリアに挑む形になれば盛り上がりそうだ。

となれば狙うなら対抗以下。

普通に考えれば昨年の覇者アエロリットだが、今年は津村騎手騎乗。モレイラが騎乗した昨年よりは隙もありそう。馬場状態も逃げ有利とはいえない情勢だ。

一発期待はこの馬。
人気ブログランキングへ

近走の走りを見ると格下だが、もともと跳びが大きくコースや条件を選ぶタイプ。3歳時には当舞台で勝利実績があり、掛かる気性からも距離短縮はプラスだろう。中山記念~日経賞の内容を見ても力を出し切れれば通用して良いはず。

ランフォザローゼスも侮れない。

ココ2走はメンバー強力だった札幌記念で流れに乗れずの敗戦と、掛かってレースにならなかったセントライト記念。青葉賞~ダービーの競馬を見れば能力的には通用の余地もありそうだ。上手く折り合って運びたい。

あとは前走強敵相手に健闘見せたペルシアンナイト。距離はこれくらいがベスト。

当然アエロリット、距離長いが切れ味秘めるインディチャンプ、安定のギベオンまで。

◎ダノンキングリー
人気ブログランキングへ…穴推奨
▲ランフォザローゼス…穴推奨
☆ペルシアンナイト
△アエロリット
△インディチャンプ
△ギベオン

買い方は競馬ノートにて。

今日は以上です。

スポンサーリンク



by
SNSでフォローする