枠、馬場、展開から穴馬を発掘する新時代の競馬予想&情報ブログ

マイルチャンピオンシップ 2019 予想~今の馬場&ジョッキーで狙いたい伏兵馬~

マイルチャンピオンシップ

本記事ではマイルチャンピオンシップ2019予想をお送りします。

週半ばの展望はコチラに。
マイルチャンピオンシップ 2019 予想オッズ&展望~インディチャンプ=池添騎手でどうなる?~

スポンサーリンク



おはようございます。

昨日はちょうどメインが終わって最終も終わったころ…でしょうか、沢尻エリカさんの一報に驚きました。それにしてもニュースを見ていて改めて思ったのですが、美人ですね。

局も数字取れると踏んだのか、ココぞとばかりに過去の映像を流していたのが印象的でした(;’∀’)

<本日のガチうま>

今日はこの馬から行きます→人気ブログランキングへ

非・急坂のダート1400mならば堅実。力上位。


本日は……

 

京都11R マイルチャンピオンシップ

 

さらに…
福島11R 福島民友カップ
さらに…
東京11R 霜月ステークス
3場メインオール配信+京都●レース&福島●レース
 
競馬ノートにて一気に配信!
朝6時50分に届きます。6時50分以降の場合は購読開始と同時にすぐに届きます。
▽TAROの競馬は下記より登録
TAROの競馬ノート

スポンサーリンク



では、早速マイルチャンピオンシップ2019の予想。

-マイルチャンピオンシップ 2019 予想

例年以上にメンバーが揃った。

天皇賞(秋)2着から参戦のダノンプレミアム、毎日王冠ヲ制して挑むダノンキングリー、安田記念の覇者インディチャンプ…いずれも例年ならば1番人気級の戦績で、総崩れするような事態はまずないだろう。今の京都の芝もそれなりにタフになっており、極端なバイアスはないだけに…。

ただ、結局3頭いずれにも本命を打たなかったのは、それぞれ不安を抱え、人気で勝負するほどの自信を持てなかったため。

最有力とみるダノンキングリーは、前走出遅れ、1800mから最後方の競馬となった後の距離短縮はやや不安。今の馬場を考えると最内枠もやや博打であり、テン乗りとなる横山典騎手も不安とまではいわないが読めない面はある。

ダノンプレミアムは前走2着は字面通り評価できるが、そこからの中2週がやや気掛かり。前走もゴール前はやや脚が上がり気味でフラついており、それなりにダメージが残りそうなレースでもあった。

インディチャンプは毎日王冠の内容から距離短縮は良さそう。本質的にはスプリンター志向で折り合いに難があるだけに、スローになった際がやや心配。また、テン乗りとなる池添騎手もダメとは言わないが、戸崎騎手継続(じゃなくて福永騎手)ではない点はやはり不安要素ではあるか。

それならば、むしろ3頭以外で妙味のある馬から入ってみたい。

本命馬はコチラ

人気ブログランキング

狙いのポイントはタフ化してきた現在の馬場状態と騎手。前走の天皇賞では全く見せ場なく敗れたが、大外枠に加えて前半掛かるそぶりを見せており、全くの参考外。短縮はプラスだろう。

また本質的にマイル向きではないとは言え、マイルCSで抜群の相性を誇る鞍上を迎えることができたのは大きなプラス材料。先行馬が少ない組み合わせで流れにも乗りやすそうで、好位あたりからスムーズに不利なく抜け出して来れそう。

最内枠のダノンキングリー、折り合い難しいインディチャンプ、中2週のダノンプレミアム、いずれも付け入るスキはありそうで、一角を崩せる絶好機とみる。

相手は前述通りの見解でダノンキングリーが筆頭、インディチャンプが次点、ダノンプレミアムが4番手。

以下は当然ペルシアンナイト、ダイアトニックあたりが有力だが、大穴ならクリノガウディーが怖い。

前走は前が空けば突き抜けるくらいの手応えで、まともなら勝ち負けだっただろう。巻き返しがある。

安田記念であわやの見せ場をつくったグァンチャーレもこの舞台は合うだけに、流れ一つでチャンスがある。

人気ブログランキングへ
○ダノンキングリー
▲インディチャンプ
☆ダノンプレミアム
△クリノガウディー…穴推奨
△グァンチャーレ…穴推奨
△ペルシアンナイト
△ダイアトニック

マイルチャンピオンシップ2019は買い方もポイントになる一戦。

券種~買い方などは競馬ノートをご覧下さい。

スポンサーリンク



by
SNSでフォローする