枠、馬場、展開から穴馬を発掘する新時代の競馬予想&情報ブログ

【回顧】マイルCSは池添騎手&池添騎手を起用した陣営のファインプレー

こんにちは。

日曜は今年初の京都競馬場・現地。というわけで、是非当てたかったのですが、残念ながら予想は完敗でした。

早速回顧へ。

スポンサーリンク



~マイルチャンオンシップ 2019 結果

1着 ▲5インディチャンプ(3人気)
2着 ☆14ダノンプレミアム(1人気)
3着 △7ペルシアンナイト(6人気)
ーーーーーーー
16着 ◎10アルアイン(5人気)

どうもG1の予想になると変な力みがあるかな…。

◎アルアインは流れに全く乗れず完敗。レース自体はマイスタイルが内枠からスンナリ逃げて字面もスロー、そして中身は字面以上のスロー。インディチャンプは見事に決め手を生かしての勝利だった。

勝ったインディチャンプは手応えはもともと良い馬だが、そこで我慢した騎手の判断も素晴らしかった。テン乗りの池添騎手は良く騎手の特徴を把握して、さすが大一番での勝負強さを見せた。

今回の勝利は池添騎手のファインプレーでもあるし、また他のもっとリーディング上位の騎手を指名することもできただろうなかで、池添騎手を指名した陣営のファインプレーでもあった。

ダノンプレミアムは力を出し切っての2着。決め手の差。

3着ペルシアンナイトはこれで3年連続好走。マイルチャンピオンシップはこれで1着・2着・3着とすべてのメダルを揃えた。

というわけで、マイルCSは完敗。

昨秋のG1は朝日杯FSですべてをひっくり返したんですが、今年もそろそろ一撃欲しいところですね…。

先週の馬券的な見せ場はその前、福島9レースでした。

日曜は競馬ノートで合計5レースお送りして、最初のレースがココだったのですが、明らかに逃げ先行馬が多く差し競馬になりそうでした。そこで、みやこSの反省を生かして、キッチリとヤマを張りました。断然人気のミキノモンテカルロが危ないかなとも思えたので、抜ける目を狙いつつ…

でしたが、上手くハマってくれました。

スポンサーリンク



fukushima9R

~福島9R 3歳上1勝クラス ダ1150m

1着 ◎16シルバーストーン(2人気)
2着 ☆15プリンセスヨウク…穴推奨(9人気)
3着 △11トモジャスティス(13人気)

ワイド 15-16 1,020円 11-16 2,420円
3連複 11-15-16 31,410円

プリンセスヨウクを2列目に持ってこれたのが大きな勝因でした。

…ただ、当たっておいてあれですが、こういう一撃当たりで回収率1000%を超えて来るのは魅力ですが、反面それだけでって言うのは正直安定感に欠けるんですよね。

ただの幸運であって実力ではない

ですから、今週末は実力でキッチリ当てて、そしてG1も的中させて、揺るぎないプラス収支を実現したいと思います。

両方を追い掛けると中途半端になることもありますが、荒れる一撃狙いレースはそれはそれとして、キッチリ獲りに行くレースはそういう予想をして、両方適度に当たればより回収率も安定するはずです。

ひとまず反省もここまでにして、、今週末のジャパンカップでの現時点の注目馬を挙げておきます。

この馬→人気ブログランキングへ

今年のジャパンカップはかなり手薄なメンバー構成の上に、日本馬オンリーな”ジャパンだけカップ”、メンバー的には豪華なアルゼンチン共和国杯という感じ。なので例年のジャパンカップよりは少しハードルを下げて予想したいですね。

もちろん無事レースを使えること、また手薄なところを使うことも馬や陣営の実力ですから、これはこれでジャパンカップということです。これからじっくり検討していきます。

スポンサーリンク



by
SNSでフォローする