枠、馬場、展開から穴馬を発掘する新時代の競馬予想&情報ブログ

【スプリンターズS 2019 予想展望】10分で書いて3分で読める全馬評【手抜きではない(‘ω’)】

スプリンターズS2019 全馬の評価です。

ランキングも応援よろしく。穴馬その2の馬名もコチラ。

中央競馬ランキング

早速GO!

アレスバローズ(菱田)
→前走はもう少し腹をくくれば良かったが結果的に早仕掛けでもったいなかった。CBC賞2着を見ても力はまだ残っているがさすがにG1になるとワンパンチ足りないか。内枠引いて何の不利もなく捌ければ見せ場以上あるかもしれないが、確率は低め。

イベリス(浜中)
→ロードC産駒らしいセンスの良い立ち回り型。底力問われない開幕週内枠からG1の最終週となるのは割引。良くて掲示板くらいでは。内枠欲しい。

セイウンコウセイ(幸)
→近走復調気配あり前走も相手関係考えればよく粘っているともいえる内容。それでもここはよほど恵まれないと…。展開的にも楽ではない。

タワーオブロンドン(ルメール)
→結果的にルメールが乗れるようになったのは大きなプラス。ただ本質スプリンタータイプではなくテン置かれるので捌けるかがカギ。不利リスク大で、詰まる可能性も50%くらいはあるので。

ダイメイプリンセス(秋山)
→この馬は現状秋山騎手が合うのだろう。脚あり昨年も4着健闘だが余程流れや馬場向かないと。今年は名より実で前走を使った感もありあまり強くは推せない。

ダノンスマッシュ(川田)
→前走は成長感じる完勝。トモに力ついて本格化気配。急坂本来はは割引だが、今なら問題なさそう。加速時に不利なければココも。枠は極端な内外は避けたいところ。ベタだが有力。

ディアンドル(藤岡兄)
→前走は出負けもすぐ盛り返し2着。展開馬場考えても良く粘った競馬で力見せた。崩れていないレース巧者ぶりココでも大きな武器。イン立ち回り戦なら有力。

ノーワン(内田)
→好立ち回りフィリーズRがMAXパフォーマンスであれ以上は。特に買い材料ない。

ハッピーアワー(横山典)
→前走期待したが流れ乗れず。能力的には面白いものあるが現状総合力的に…最内枠でも引いてスッとインのポケットにでも入れれば万に一つのチャンスはあるかも。馬群捌きは上手いし距離は合う。

ファンタジスト(武豊)
→前走和田の気合勝ち。テン置かれると厳しいが前走の気合で追走楽になれば前進はあるか。ただ能力的に足りない。

マルターズアポジー(丸山)
→ココ使って気合入って次大穴くらいの期待はあるがさすがにココは苦戦。

ミスターメロディ(福永)
→前走久々外枠で流れ乗れずノーカン。高松宮記念上手く行きすぎだがセンスあり上手く行きやすいタイプでもあるので内枠引ければ。

モズスーパーフレア(松若)
→前走久々外枠で逃げられずでもよく粘った。春の反省から間隔開けての参戦はプラス。外枠多いがやはりスンナリなら内枠が良い。目の上のタンコブでもあるラブカンプーより内を引きたい。

ラブカンプー(酒井)
→昨年2着で見せ場も今年は燃え尽きた感。レース荒らす先行馬。自身の好走は望み薄。同厩舎ダイメイPアシストでゴリゴリ行ってこそ。

リナーテ(三浦)
→前走相手強く価値ある3着。1200mの鋭さスケールともにありG1でも好走可能。穴ならコレか。ただなぜ三浦というのはある。理由は口悪くなるので書きづらいが、とりあえず基本G1では買えない騎手。たまたまうまく乗れる条件、展開、枠待ち。

レッツゴードンキ(岩田)
→ピークすぎた感アリ。雨大歓迎。週末は雨乞い。

11分かかった。

ふぅ…。

最後に穴馬その2を。

この馬→人気ブログランキングへ

騎手嫌だけど脚あるし前走はメンバーレベル高かった。前やり合えば面白いか。

スプリンターズS,買い方も含めた最終振る結論は競馬ノート限定。

by
SNSでフォローする