枠、馬場、展開から穴馬を発掘する新時代の競馬予想&情報ブログ

【スプリンターズS 2019 枠順確定】JRAの馬場発表はお役所仕事に非ず、とても役に立つ。

こんばんは。今日もスプリンターズS2019を予想する上で役に立つことを猛スピードで書きます。目指せ12分。

スポンサーリンク



早くも秋のG1の季節がやってきました。

春の競馬ってどちらかというとお祭り、華やかなイメージです。

しかし、秋の競馬はガチンコの勝負、良い意味での緊迫感がないですか?

僕の感覚ですが。

さて、スプリンターズS2019の枠順が決まりました。スプリンターズS2019の予想をする上で大事なのはやっぱり馬場状態と枠順ですね。芝1200mは展開、隊列が特に重要になります。中距離戦とは異なり、道中での進路変更ができない、しているとその間にレースが終わってしまい大きな不利になるためです。

今年はどちらなのか?

1番アレスバローズ
2番ダノンスマッシュ
3番セイウンコウセイ
4番リナーテ
5番レッツゴードンキ
6番ノーワン
7番モズスーパーフレア
8番タワーオブロンドン
9番ディアンドル
10番ラブカンプー
11番マルターズアポジー
12番ダイメイプリンセス
13番ミスターメロディ
14番ハッピーアワー
15番イベリス
16番ファンタジスト

以上をご覧いただいたうえで、まずは枠に笑った馬、泣いた馬を書いておきましょう。

ともに馬名はコチラから

人気ブログランキング

馬場を読む上では大事な情報源があります。何かわかりますか?

それは…JRAの馬場発表です。

よくJRAはお役所だから毎回似たような文言が…というようなことも以前は言われていて実際にそういう側面もなくはなかった(もっともそういうこと言う人に限って思い込みというフィルターで目が曇っていてきちんと細かい文言をチェックしていないケースも多々。先入観は悪)ですが、最近はかなり細かい馬場発表、さらには含水率なども書かれています。

率直に言って、

『JRAの馬場発表は馬場を読む上で十分に使える』

これは断言できます。

参考までに例えば夏の福島の馬場はっぴょ文言をご覧ください。

~~~夏の福島のJRAの馬場発表の推移~~~

(A1週目)第1回福島競馬終了後、芝馬場のクッション性確保のためシャタリング作業を実施しました。また、3コーナーから4コーナーの内側等で部分的な芝張替を行っています。芝の生育は順調で、概ね良好な状態です。

(A2週目)先週の競馬が雨天の中での施行となり、その影響で全体的に内柵沿いに傷みが見られます。

(B1週目)今週よりBコースを使用します。柵の移動により大きな傷みはカバーされましたが、カバーしきれなかった傷みが内柵沿いに残っています。

(今 週)Bコースを使用して2週目となります。コース内柵沿いに傷みが見られ、特に3コーナーから4コーナーの傷みが大きくなっています。

~~~ココまで~~~

どうでしょう?

徐々に荒れて行っている様子、コース替わりによって持ち直した様子、そして再び荒れる様子、結構手に取るようにわかりませんか?

1週目→ 概ね良好な状態
2週目→ 全体的に内柵沿いに傷みが見られます
3週目→ カバーしきれなかった傷みが内柵沿いに残っています。
4週目→ コース内柵沿いに傷みが見られ、特に3コーナーから4コーナーの傷みが大きくなっています。

競馬の予想ってこういうところからヒントを得て、そして組み立てるんですよ。

つまり結構知的な行為です。

もちろん、それも含めたエンターテイメントでもありますが。

流行りの言い回しでいえば、競馬予想こそセクシーに…ですね。笑

TAROの競馬ノートでは予想だけではなくこういった馬場の推移など、予想にまつわるエトセトラもお送りしているので、やはり競馬を真剣にやりたい方、そして長期的に勝ちたい方、回収率を上げたい方、もっと楽しみたい方は今すぐにでも読むべきでしょう。僕なら読みます(自画自賛)。

 

スポンサーリンク



さて、そんななかで今週末はスプリンターズS2019が中山競馬場の最終週に行われるわけですが、先に結論だけ言えば、

『内の方が良い』

と思います。

外が絶対的にダメとは言いませんが、枠順確定を受けて考えても、極端な外は不利になりそう。予想オッズ1番人気のダノンスマッシュは2番枠とちょっとリスクもあるところに入ったのでこれからじっくり隊列を考えますが、伏兵は内に居る…ような気がしますね。

楽しみな週末です。

まずは明日のシリウスSから、最終週なので強気に狙って行くつもりです。阪神ダートの傾向についても今日の競馬ノートで少し触れています。興味のある方は今日からでも是非読んでください。初月無料なので来月からでも良いですが、そこはお任せします。

…なんとか間に合いました。

では、次は予想で。

by
SNSでフォローする