枠、馬場、展開から穴馬を発掘する新時代の競馬予想&情報ブログ

◎サートゥルナーリア力負け、アーモンドアイ隙なし+祝!大島残留決定!

サートゥルナーリア

昨日の天皇賞(秋)2019は1番人気の牝馬アーモンドアイが3馬身差の完勝。現地で観ていましたが、隙のない、衝撃的な強さ、そして速さでした。

とにかく柔軟性がありどんな状況にも対応できるのが素晴らしいですね。狭いスペースを割って来れるレースの上手さ、さらに一瞬の脚があるので不発が少ない。不利を受けるのは必然、不利を受けず割って来れるのも必然、それも含めて馬の能力、アーモンドアイを見ていると本当にそのことを感じさせられます。

期待した、そして自信を持って推奨した◎サートゥルナーリアでしたが、パドックでは落ち着いていたものの出走が近づくにつれてテンションが上がり、その影響がレースでも出ててしまった模様。

「東京に来るとテンションが上がる」

とは角居調教師の言葉ですが、ダービーに引き続き悔しい結末となってしまいました。前半から勝負に行った分もあったか、直線は完全にガス欠でしたね。アーモンドアイと比較すると様々な面で差を感じた一戦でした。完全なる力負けです。馬も、そして自身の予想も。

改めて、大一番で安定して走るには脚力だけでなくメンタルの強さも重要だなと感じさせられます。キタサンブラックもそうでしたが、アーモンドアイも環境の変化に動じない強さがありますから、次走はジャパンカップでも、あるいは登録のある香港カップ、香港マイルいずれでも主役級の評価でしょう。

スポンサーリンク




~天皇賞(秋)2019 結果

1着 ○2アーモンドアイ(1人気)
2着 △9ダノンプレミアム(3人気)
3着 ▲5アエロリット(6人気)
——-
6着 ◎10サートゥルナーリア(2人気)

他ではダノンプレミアム。

改めて力のある所を見せてくれました。好位からの粘り込み。2000mくらいが一番流れにも乗りやすくレースもしやすいのかもしれません。

それにしても今日言われて気づいたのですが、アーモンドアイがG1を勝つと川田騎手2~3着に来るんですね。

国内G1・5勝のうち、川田騎手は2着4回、3着1回。

2着の4回はリリーノーブル、ミッキーチャーム、キセキ、そしてダノンプレミアムとすべて異なる馬で成し遂げているというのも素晴らしいです。

アエロリットは週半ばではあまり評価していなかったのですが、改めて全レースを見直した上で一気に評価をあげたのですが、前走見せた粘り腰を今回も見せてくれました。こちらは今はマイルだとやや短くて、マイルCSではなく天皇賞(秋)に向かった判断も良かったですね。レースを盛り上げてくれました。

勝負に行った結果とはいえ、自信のあるレースで完敗でした。反省しつつ気持ちを切り替えつつ、今週末の4重賞&週明けのJBC&メルボルンCへ向けてじっくり準備をしていきます。

スポンサーリンク




最後にアルゼンチン共和国杯の1週前予想。本命予定はこの馬。
人気ブログランキングへ

前走は最後でややスムーズさを欠いた面もあった。持久力豊富で東京コースも◎。引き続き好調持続で臨めるようならばココでも有力でしょう。

とりあえず今日はココまで。

あと、中日大島、祝・残留!(((o(*゚▽゚*)o)))

ルーキー時代からずっと応援してきている選手なので、本当に良かった。あとは、ロドリゲスですね。頼むから、もし出ていくならセリーグ以外にしてください。笑

by
SNSでフォローする