枠、馬場、展開から穴馬を発掘する新時代の競馬予想&情報ブログ

【回顧】フェアリーS・シンザン記念ともに最内枠が勝利!今年はクラシックには繋がらない可能性高い

3日間開催お疲れ様でした。バドミントン桃田選手、個人的にもとても応援していたのでかなりショックです。まだケガの程度が見えないですが、いろいろ紆余曲折あってようやくここまでたどり着いただけに、なんとか五輪に間に合ってほしいですよね…。

海外経験はそんなにないけど、運転は結構荒っぽかったりしますよね。マレーシアは一度行ったことあるんですが移動の大半がモノレール? だったのであまり自動車の記憶はないんですが、危険を感じたのはドバイですね…あの国の運転の荒さは結構心拍数が上がるレベルでタクシーに乗るたびにシートベルトがっちり閉めて割と緊張してました。僅かな滞在のうちに追突寸前の事故も2度ほどありました。料金は安くて競馬場に行くにも基本的にはタクシーなんですけど、強引な車線変更や切り替え、もっといえばタクシー乗車中に恋人と電話始めたり、いきなりガソリンスタンド行ったり、突っ込みどころ満載だったのを思い出します。苦笑

スポンサーリンク



当たれば疲れもなく喜び倍増、外れれば疲れが5割増しの3日間開催。残念ながら今回は後者に…。

まずは重賞の振り返りを。

~シンザン記念 2020 結果

1着 ◎1サンクテュエール(2人気)
2着 ☆6プリンスリターン(5人気)
3着 …3コルテジア(9人気)

ココは買い方次第では…だったが対抗のルーツドールを信頼し過ぎたというありがちな負け方。

勝ったサンクテュエールは最内枠を生かしたのと、ルメールのリカバリーが上手かった。

原田騎手の渾身の騎乗にも痺れただけに、馬券が関係ないならあとひと息、勝って欲しかったが…。それでも見せ場は作ったので、まだチャンスはある。

クラシックにはつながらないかな…。

スポンサーリンク



~フェアリーS 2020 結果

1着 危1スマイルカナ(3人気)
2着 △8チェーンオブラブ(7人気)
3着 ○5ポレンティア…穴推奨(5人気)
ーーーーーーー
6着 ◎11アヌラーダプラ(1人気)

危険視したスマイルカナが想定とはまるで異なる展開でスンナリ逃げて押し切り勝ち。

逆に期待したアヌラーダプラはチグハグになってしまった。素質はあるので条件次第では巻き返せるはず。重賞は勝てる馬。

ディープインパクトのスピードタイプは案外この時期の中山マイルでサクッと勝ちますね。スマイルカナ然り、かつてのミッキーアイル、コントラチェックなどなど…。ちょっと読みが甘かった。

それにしても……

年明けから重賞は内枠決着続きで、上記の2重賞はいずれも最内枠の馬が勝利。中山金杯も最内枠のテリトーリアルが穴で3着。年末から開催中は好天が多く馬場が荒れていないことも一因か。ここら辺の傾向はきちんと掴んで臨みたい。

あとは先週はダートも傾向が出ていたので今後に生かしたいところ。

重賞の回顧や全体の回顧は改めて競馬ノートにてお送りします。

競馬ノート

あと、前回記事は誤字が多くスミマセン(;’∀’) なかなかブログの文章は推敲しづらいんですよね。ご理解を。

スポンサーリンク



◆今週末の重賞 京成杯2020・日経新春杯2020・愛知杯2020

今年最初の3場開催、そして3重賞の週末。

ココでは愛知杯【小倉開催】の注目馬を挙げておきます。

人気ブログランキングへ

前走はさすがにG1で相手も強かったが本来は平坦小回りベストで、今年小倉で開催されるのは追い風になりそう。力付けた今なら限定重賞なら十分好勝負になるはず。あとは馬場と枠次第。

今週は平日が1日短いので心して臨みましょう。

スポンサーリンク



by
SNSでフォローする