枠、馬場、展開から穴馬を発掘する新時代の競馬予想&情報ブログ

メンバー低調で伸びしろ期待のモズベッロ・ベテラン牝馬の活躍・東海ステークス20201週前予想

東海ステークス2020

本題の前に…

明日から今年も交流重賞が始まります! 幕開けを飾るのはTCK女王盃。今年も交流重賞予想はnoteにて公開していく予定なので、是非ご覧ください。

売上を考えれば前日公開がベストなのですが、売上よりもやはりきちんとした予想、的中率、回収率を追求したいので、今年も納得した段階で予想を出すことになると思います。遅かったらスミマセン。ブログ告知もできない可能性があるので、フォローをしておいて通知が行く状態にしていただければ確実です。

スポンサーリンク



3場開催となった先週末は、土曜=大勝利、日曜=サッパリでした。去年くらいから土曜日の方が大きな的中が多い気がするんですが気のせいですかね? というより去年の後半からですか。武蔵野S、中山大障害、そして先日の愛知杯とすべて土曜日でしたが…偶然ですね。

何はともあれ、土日ともに勝てたら最高ですが、とにかく今年は一定のペースを刻んで、何より集中力を切らさずに行きたいです。今週末でひとまずひと開催終了ですが、今のところは大丈夫そうです。雑になってるのを感じたら、特に競馬ノート読者の皆さんはメールで良いので注意して頂ければ…。忠告は素直に聞きます(笑)

まずは重賞の振り返り…は競馬ノートの回顧号にてお送りしているので詳細はそちらをご覧ください。ブログ公開した日経新春杯を少しだけ。

スポンサーリンク



~日経新春杯 2020 結果

1着 ○6モズベッロ(2人気)
2着 △4レッドレオン(5人気)
3着 …8エーティーラッセン(11人気)
——-
8着 ◎3マスターコード(8人気)

ハンデ戦とはいえG2としてはかなり低調なメンバー構成の一戦となりましたが、抜け出したのはモズベッロ。得意の京都、そして内枠、池添騎手もさすがの勝負勘で上手く脚を溜め直線鋭く抜け出しました。完勝。

今後…については相手が相手なので何とも言えないですが、成長力はありそうなのでもうワンランク力を付ければさらに上でもやれるかもしれません。

期待したマスターコードは上手く立ち回りましたが伸び切れず。こちらは力負け。

エーティーラッセンの激走粘り込みには驚き。ゴール前は藤懸騎手の気合を感じました。

先日は原田騎手が大健闘の2着、今回は藤懸騎手、さらに土曜の小倉では柴田善騎手がデンコウアンジュを勝利に導きました。若手やベテラン、地味な騎手が活躍するのもそれはそれで楽しいですね。

デンコウアンジュの話で思い出したのですが…

社台規定で牝馬は6歳春引退。でも最近の高齢まで頑張れる牝馬を見ていると何となくもったいないなと思うことも多々…。

デンコウアンジュ→今回7歳で愛知杯制覇。
クロコスミア→6歳の年にヴィクトリアマイル3着、エリザベス女王杯3年連続2着とキャリアハイの活躍
スマートレイアー→7歳の秋に京都大賞典制覇

などなど、近年は高齢牝馬の一線級での活躍が目立ちますね。一律の6歳春引退はちょっともったいないなと思ってしまう今日この頃です。リスグラシュークラスならもはやそういうレベルじゃないんで良いんですけどね、これから強くなる馬もいますから。

スポンサーリンク



ー東海ステークス 2020 1週前予想

昨年の覇者インティ、3着スマハマ、上がり馬エアアルマス、安定のアナザートゥルースなどなど、なかなかのメンバーが揃いそうな一戦。

地力を考えればインティが当然上位…ですが、アイファーイチオー、スマハマあたりが出走してくれば兼ね合いが気掛かり。みやこSではスマハマとともに共倒れ経験もあり(当時はドリームキラリなどもいましたが)、予断を許さないところ。

…正直なところ最終結論は今週末の京都ダートを見ないとわからない面も。というのも、先々週と先週でも全く異なる馬場状態。もっといえば先々週も土日と月曜では全く異なる馬場。

というわけで、

「馬場を見ないとわからない」

が結論ですが、それでも現時点で伏兵候補として面白そうな馬を挙げておきましょう。狙いはこの馬。
人気ブログランキングへ

まだ騎手が未定。主戦のアノ騎手が乗るのか、それとも…?

仮に主戦騎手が騎乗すれば重賞ということもあり能力以上に人気はしないはずなので狙いどころでは? というわけで、今週も地味ジョッキーの活躍に期待しつつ、推奨します。(※まだ騎手は未定です)

この記事を書いた人
SNSでフォローする