枠、馬場、展開から穴馬を発掘する新時代の競馬予想&情報ブログ

【土曜競馬予想】紫苑ステークス 2019

こんにちは。

秋競馬開幕週…ということで気合を入れていきたいところですが、今日は少し抑えめで。あまり買いたいレースも多くない上に少頭数多数なので、明日に向けて余力を残しておきたいところ。

競馬ノートの方に詳細書きましたが、競馬ってやはり目の前のレースの予想も大事ですが、それと同じかそれ以上に年間トータルのマネジメントや、週ごとの出し入れも大事だったりしますから、心は熱く、脳みそは冷静に…。

というわけで、今日はガチ馬、は自信を持って推せる馬がどれも1倍台という現状なのでお休みで。

紫苑ステークスへ行きましょう。

スポンサーリンク



【紫苑ステークス】

重賞昇格以後出走馬のレベルが上がり秋華賞に繋がる一戦になった。3年前のヴィブロス、そして2年前のディアドラ、さらに昨年は秋華賞には出走しなかったが勝ち馬ノームコアが今年のヴィクトリアマイルを制した。

今年の筆頭格はオークス2着のカレンブーケドールだろう。例年なら出走してくる旧1000万条件勝ち上がり組が見当たらず、他のレベルは高くない。

いわば、大関vs小結くらいの組み合わせ。それならばカレンで堅い…という見方もできるのだが、わざわざ開幕週の多頭数で外枠、それも休み明けの馬を人気で買うかと言われるとそれもギャンブル的な見地から行けば微妙で…。

というわけで、ひと捻り加えてこの馬から狙いたい。

中央競馬ランキング

デビュー戦ではキッチリ立ち回り戦を制したように、この血統に似つかわしくない器用さが武器。フローラSでは外枠のために溜めが利かずロス競馬になり敗れたが、コース取りを考えれば上位勢と差のない競馬をできていた。オークスは外枠で流れに乗れず、距離も長かったと考えればノーカウントでOKの内容で、久々にコーナー4回の2000mになるココは狙いどころだろう。

あとは上手く立ち回り能力の高さを生かして抜け出したい。鞍上は考えて乗るのは苦手なタイプだが、この馬のこの枠ならば普通に回ってくれば問題ないだろう。好勝負を期待したい。

人気ブログランキングへ

対抗以下、フル予想、買い方などは以下の競馬ノートをご覧ください。

それでは、今週も頑張って行きましょう(^O^)

by
SNSでフォローする