枠、馬場、展開から穴馬を発掘する新時代の競馬予想&情報ブログ

【京成杯オータムハンデ 2019 予想】スロー濃厚&メンバー手薄で元祖・中山マイスターの腕が冴える…はず。

京成杯オータムハンデ2019の予想記事です。

まずは…

【本日のガチ馬/阪神7R 3歳上1勝クラス】→人気ブログランキングへ

※”ガチうま” とは、妙味も考えつつ確実に複勝圏内(3着以内)に走る軸馬を1日1頭限定で推奨するコーナー。

推奨理由:このクラスなら力上位で、ゲート~折り合いも含めレースぶりも安定しており信頼度は高い。急坂よりも本来は平坦向きだが、開幕週の馬場なら問題なく、軸としては不動だろう。

▽ガチ馬の名前はコチラ

中央競馬ランキング
————————————————————

スポンサーリンク



おはようございます!

そういえば久々にドラマを観ています。『あなたの番です』。今日は台風を浴びながら(?)最終回を観ようと思います。

犯人…僕は、黒島ちゃんとかじゃなくて、江藤君だと思うんですけどね。彼は顔も怪しいし(笑)。

菜奈ちゃんは恐らく江藤君が怪しいこと、なんなら赤池幸子さんに取り入ってそのために家族を殺したこととかに気づいてしまったんでしょう。江藤君も気づかれていたことを察して…。

なんなら、赤池さんはボケてもいなくて、むしろ自分に取り入ろうとしている(遺産目当て)ことを察して、ボケたフリをしている…。インテリっぽいですしね。

…なんて思っているんですが、どうなんでしょう? こういうのの最大の伏線は最初にあって、もっとも疑われないのは部外者…ってことで、ゲームに参加していないっていう点でも江藤君はなんとなく腑に落ちるし収まりも良いですしね。

ま、これは当たらなくても良いけど、今日は予想が当たってほしいですね^^

中日がココに来て上位を叩いての5連勝。

巨人→3タテ
ベイスターズ→2連勝

こうなると期待したいんですが…でもね、、、やっぱりまだ厳しいですよかなり。5%くらいでは?

カープ戦が残り5戦。全部マツダなんですよね。これ3勝2敗ってだけでも相当厳しいですよ。でも3勝2敗じゃ絶望、最低でも4勝1敗でしょう? それでもまだ追いつけないんだから、CSは5%、いや、まだ3%くらいでしょう。でも期待するのはタダだから期待だけはします。

競馬!

昨日はまずは様子見の一日でしたが、紫苑ステークスだけが的中。

合計4レース予想しているうちの1レースだけなので自慢にはなりませんが、まずはひとつ当たってホッとしています。

~紫苑ステークス 2019 結果

1着 ☆15パッシングスルー(2人気)
2着 ◎6フェアリーポルカ(6人気)
3着 ○14カレンブーケドール(1人気)

3連複 6-14-15   2,400円

本当はアタマが良かったのですが…素直に喜びますか( ;∀;)

しかし、三浦騎手の向こう正面の挙動というか細かい動きについてはやっぱり勝てない騎手と勝てる騎手の差を感じました。字面だけなら6番人気馬で上手く内を突いて持ってきたじゃないか、とそれで良いのかもしれませんが、しかし細かい差がやはり大きな差なのだなと。フェアリーポルカは条件さえ揃えば乗りやすいタイプの馬でもありますし、そうなるとヘッドワークの差が出る。三浦騎手がなぜG1を勝てないのかよくわかったレースでした。

でも、皆さん馬券上手で、的中報告もいくつかいただきましたよ。

最近絶好調!to-Rさん

スロットに浮気しないで~!笑

ちなみに僕は一度もパチンコやスロットをやったことがない人間です。ただの一度も!

ハマったら大変だしね。

馬券上手だな~ケン7727さん。

さて、気持ちを切り替えて、日曜日へ。

本日の競馬ノートの配信予定レースです。

まずは、セントウルS!

最終結論は競馬ノート完全限定公開!

さらに購読開始と同時に以下の予想が届きます。

~阪神7R 3歳上1勝クラス
~中山7R 3歳上1勝クラス
~中山10R 外房ステークス
~阪神11R セントウルステークス
~中山11R 京成杯AH→当ブログでも印を公開!

▽競馬ノートはコチラから

 

では、こちらでは中山開幕週、京成杯オータムハンデ2019予想へ。

【京成杯オータムハンデ】

今年のポイントは以下の2点だろう。

1つは馬場状態が例年以上に良く、立ち回りが生きること。そんな条件下の上に先行馬が多くない組み合わせ。前に行けるか、あるいは内に居られた方が有利になりそうだ。

もう1つは、メンバーレベルの低さ。中京記念1~2着馬こそ出てきたが、その他はかなり手薄な印象で、これといった主役を担える馬はいないし、今年の秋のG1に繋がっていきそうな上がり馬も多くない。

上位勢の層は厚くないのでちょっとした進路取りや立ち回りが明暗を分けそうだ。

あとは台風の行方が心配だが、おそらく開催中には大きな問題にはならないのでは。降り始めは少なくともメインレースの後とみる。もっとも仮に先に振り出したとしても予想がどうこうということはない。一度決めたモノは雨が降ろうが槍が降ろうが、もはや二言はない。黙って買うのみ。

本命はこの馬から。

中央競馬ランキング

デビュー以来一度も5着を外していない安定感こそが最大の武器で、スタートを決めて折り合って流れに乗れるため大崩れしない。もともと1200mを使われていた時期もあったが、当時から距離延長に適性を見せており、本来は1400mくらいがベストだろう。

そう考えると今回は1F長いかもしれないが、開幕週の馬場に加えてスタミナを問われるような流れにもならず、むしろ立ち回り戦を挑める鞍上を考えれば、マイルより短い距離の経験はプラスの方が大きいだろう。

やや外寄りの枠に入ったが、内枠に先行勢が多くなく、スッとスタートを決めて、場合によっては逃げてしまっても良いくらいだ。馬場の良いインを立ち回って来れれば、この相手でもいきなりから通用しそうだ。

対抗にはクリノガウディ―。デビュー以来好走時はほぼ内枠という立ち回り巧者で、跳びもそこそこ大きく中山向きというタイプでもないかもしれないが、今の馬場を考えれば枠は絶好だろう。戸崎騎手ならば詰まることもなく安定して好位で立ち回ってくれそうだ。

3番手には最内枠のプロディガルサン、さらに安定感あるグルーヴィットが続く。

以下も混戦模様だが、ターコイズSの内容、また血統から中山も問題ないディメンシオンは今回も引き続き好勝負圏内。

伏兵ならば、近走充実ぶりが目立つストーミーシー。末脚は安定しており、捌けるかどうかだが引き続き警戒したい。

人気ブログランキングへ
○クリノガウディ―
▲プロディガルサン
☆グルーヴィット
△ディメンシオン
△ストーミーシー…穴推奨
△プールヴィル
△ロードクエスト
△ジャンダルム

今日はこんなところで。

スポンサーリンク



by
SNSでフォローする