枠、馬場、展開から穴馬を発掘する新時代の競馬予想&情報ブログ

【2019ラストスパート】本日→兵庫ゴールドトロフィー、土曜→ホープフルS、日曜→東京大賞典

まだ有馬記念の興奮冷めやらぬ…といったところですが街はクリスマスを過ぎてようやく年末モードに近づきつつありますね。

まずは明日のホープフルSの本命候補を→人気ブログランキングへ

スポンサーリンク



競馬は本日から交流重賞~JRA重賞~交流重賞と3日連続。

12/27(金) 兵庫ゴールドトロフィー→本日!
12/28(土) ホープフルS
12/29(日) 東京大賞典

かつては2011年の有馬記念◎エイシンフラッシュ、そしてすべてをひっくり返した2013年のラジオNIKKEI杯&阪神カップ、そして2015年の有馬記念◎ゴールドアクター、2016年東京大賞典、さらに2018年は朝日杯FSで勝負度【A】の大本線的中…

なんだかんだ毎年12月は大きいのが当たることが多いので、今年もラスト3戦含め、自分自身にも期待しています。

先週は中山大障害で大本線の的中。競馬ノートでは勝負度を掲載しているのですが、先週の競馬の中では土日通じて、唯一の勝負度【B】がこの中山大障害でした。

~中山大障害 結果

1着 ◎7シングンマイケル(2人気)
2着 △5ブライトクォーツ…穴推奨(6人気)
3着 ▲12メイショウダッサイ(4人気)

3連複 5-7-12 8,530円
3連単 7-5-12 55,020円

ご覧の通り、シングンマイケルは競馬ノートを読んでいれば中山大障害で本命にするのは難しいことではありませんでした。

馬の適性・具体的な狙いどころなどがひとめでわかるような回顧を書いているので、細かい管理や知識は不要、文字数の多さではなく、わかりやすさをより追及していくので、是非当ブログを読んでいる方には読んでいただきたく。

今週は最終日、いつもより集中力を上げて臨んでいくので、大いに期待して配信をお待ちください。競馬ノートはコチラからです。

競馬ノート購読はコチラ

まずは、本日の兵庫ゴールドトロフィー。交流重賞の旅もようやく年末にたどり着きました。ラストの東京大賞典に向けて、まずは今日ビシッと仕留めたいですね。

では。

スポンサーリンク



by
SNSでフォローする