枠、馬場、展開から穴馬を発掘する新時代の競馬予想&情報ブログ

【エリザベス女王杯 2019 枠順確定】先週の反省を踏まえての今週末

エリザベス女王杯枠順確定

今週もなんとなく週末がやってくるのが早い気がするのですが、よく考えたら月曜もJBCがあったからですね。火曜はメルボルンC。そりゃ早くて当然ですね。

スポンサーリンク



そして、今週末も先週に引き続いての4重賞。

土曜→武蔵野ステークス/デイリー杯2歳ステークス
日曜→エリザベス女王杯/福島記念

G1開催週に4重賞というパターンは年に2~3回しかないレアケース。ジャンプの重賞(京都ジャンプS)もあって、今週はまさに競馬ウィークですね。

先週末は◎キングズガードのみやこSが4重賞のなかでは一番の勝負でしたが、しかし、本来であればココをきっちりとって快勝…と行かねばならない中で、最悪な2列目抜け…。いつも通り1頭軸を買う手もあったのですが、押さえでワイドを買ったのみ。

最大の勝負レースで本命馬が2ケタ人気の低評価を覆し好走したのに大して儲からない…では話になりません。

<みやこステークスの勝負馬券>

みやこステークス

本当にワイドのみで…( ;∀;)

真ぁ、しかしこれも競馬。本命馬が来ただけで騒いでいては成長がありませんからね。買い方もきちんとして、初めてフィニッシュに至るのが現代競馬。

今週末は期するものがあります。というのも先週末、自分なりに反省点があったので、すぐに目の前の赤ペンで紙にまとめました。


↑一部企業秘密アリ…↑

その後、今週は週半ばにいろいろ確認することもあり、収穫のある1週間を過ごせました。競馬はただのギャンブルに非ず、良い準備をすれば良い結果がもたらされる確率が上がります。そういう意味では仕事と一緒。

今週は良い準備ができたので、週末も大いに期待してください。

なお、上記の平地4重賞は競馬ノートにてすべて配信します。渾身の結論を読みたい方も是非購読して読んでください。TAROの競馬ノートは、当ブログのプレミアム版、全重賞の予想、さらに、券種選びや馬券の買い方、回顧など、競馬予想に必要なノウハウ、そして、競馬予想をする上で重要な馬場情報など、すべてが詰まったメルマガです。

  ↓競馬ノートの購読はコチラから↓

回収率を底上げするために、コツコツやっていきましょう。

というわけで、今週末、エリザベス女王杯の枠順も決まりました。

スポンサーリンク



~エリザベス女王杯 2019 枠順確定


1枠1番 ブライトムーン(福永)

1枠2番 ラッキーライラック(スミヨン)
2枠3番 シャドウディーヴァ(松山)
2枠4番 ウラヌスチャーム(マーフィー)
3枠5番 ポンデザール(藤岡康)
3枠6番 クロコスミア(藤岡佑)
4枠7番 レイホーロマンス(岩崎)
4枠8番 クロノジェネシス(北村友)
5枠9番 アルメリアブルーム(武豊)
5枠10番 フロンテアクイーン(津村)
6枠11番 ラヴズオンリーユー(デムーロ)
6枠12番 センテリュオ(ルメール)
7枠13番 サトノガーネット(坂井)
7枠14番 ゴージャスランチ(幸)
7枠15番 ミスマンマミーア(浜中)
8枠16番 スカーレットカラー(岩田康)
8枠17番 サラキア(川田)
8枠18番 レッドランディーニ(池添)

まだ馬場状態が何とも言えませんが、好天の中での競馬となるのは間違いなさそう。

ラヴズオンリーユーは外めの良いところを引けたでしょう。デムーロは外の方が良い。先週から見ていても京都はだいぶ内が荒れて来ているので、今週末は傾向が出るかもしれません。

というわけで、枠順発表を受けて現時点での注目馬を挙げておきます。
人気ブログランキングへ

この枠ならスンナリ先手がかないそう。主戦騎手が乗れないのは多少割引ではありますが、臨戦も良く、今年もチャンスありでしょう。

では、また明日。どちらかの重賞の予想をアップする予定です。

by
SNSでフォローする