枠、馬場、展開から穴馬を発掘する新時代の競馬予想&情報ブログ

【レパードステークス 2019 予想】~スケール以上に小回り適性を問われる舞台~

土曜は8番人気ハッピーグリンを推奨し3着!本日のガチ馬/小倉10R RKB賞
人気ブログランキングへ

※”ガチうま” とは、妙味も考えつつ確実に複勝圏内(3着以内)に走る軸馬を1日1頭限定で推奨するコーナー。

推奨理由:スミマセン正午までと言っていて忘れておりました!ココは北村友騎手と手が最も合い、現状の馬場も合うこの馬を軸で信頼。少頭数も歓迎で相手関係から力上位でしょう。

————————————————————

おはようございます!

土曜は◎ヴォーガが10番人気で2着に激走。

日曜も大いに期待しましょう。

そして…

今日は久々に、

わかりやすく、

勝負します!

 

完全限定公開!小倉記念+新潟××レース

競馬ノートにて完全限定公開いたします!

コチラから。

スポンサーリンク



【レパードS】

新潟競馬場といえば長い直線、外回りコースのイメージが強いが、ダートに関して言えばコーナーのキツイ小回りコース。したがって、いわゆるアメリカ的なガーッと先行してなだれ込むような競馬をするタイプには合うが、反面東京ダート1600mで要求されるような芝的な決め手は必要とされない。跳びが大きすぎてもコーナー部での加速がしづらく不利になる。

わかりやすくいえば、スケールよりも立ち回り能力を問われる舞台だ。

今年の上位人気勢でいえば、サトノギャロスやアッシェンプッテルのようなタイプはあまり合わない。適性のなさを能力でどこまでカバーできるかの勝負だろう。

というわけで、今年も立ち回り優勢。ただ外枠にも先行勢が揃ったので、逃げというよりは好位くらいから運べる組を狙いたい。

本命はこの馬。

中央競馬ランキング

久々の前走は乗り替わりの影響もあったのかややちぐはぐな競馬でラストは脚を余した印象もあったが、それでも相変わらずの立ち回りの上手さを見せた。もともと芝を使われていた時代からスタートの速さは光っており、それはダートでも大いに生きている。

2走前に制した500万下の相手関係を考えれば十分ココでも通用するものがあり、前走東京ダート1600mで末脚の速さ負けをした感じの惜敗も、今回へ向けて考えれば悪くない内容だった。

新潟なら持ち味が生きるはずだ。

対抗には順当にデルマルーヴル。

今年のダート戦線のレベルを考えると、正直全幅の信頼まで置けるレベルではないが、それでもここにはいれば力は上位だろう。流れに乗りたいところ。

3番手にしぶといブラックウォーリア、4番手に前走好内容のブルベアイリーデを抜擢したい。

あとはココに来て地力強化うかがえるビルジキールも怖い。前走敗れたショームは先々重賞戦線に乗って来れる素質馬で、それ以外の馬は完封。小回り対応も問題なく通用しておかしくない。

あとは前走不本意だがスタート決めれば巻き返しあるヴァイトブリックまでが有力か。

上位勢の中では距離に不安があり、また前述通り新潟適性に疑問が残るサトノギャロスは切り捨てて勝負したい。

人気ブログランキングへ
○デルマルーヴル
▲ブラックウォーリア
☆ブルベアイリーデ…穴推奨
△ビルジキール…穴推奨
△ヴァイトブリック
△アッシェンプッテル
△ハヤヤッコ
△ハヤブサナンデクン

 

by
SNSでフォローする