枠、馬場、展開から穴馬を発掘する新時代の競馬予想&情報ブログ

猛暑/お盆/台風…でも今週末もフルで予想お送りします~今週末のポイント・競馬ノート読者募集他~

ビアガーデンって飯はそこそこ適当で良いって誰が決めたんですかね…? そんなこともない?

☆週末の重賞枠順確定!エルムS&関屋記念の注目馬は?

エルムSは逃げ先行勢が揃い展開もカギになりそう。また週末の札幌の天気も気掛かり。というわけで暫定ではあるが、安定感を考えればやはりこの馬が一番か。

そして関屋記念は上記拮抗の混戦模様。このメンバーでも素質は通用しそうなこの馬。人気もなさそうだし面白い。新潟外回りは合うはずだ。

というわけで、2重賞の狙いたい馬をご覧いただくにはこちらのブログランキングのリンクをクリックしてください。
人気ブログランキングへ

リンク先に馬名が書かれています。

————————————–

こんにちは!

猛暑の中ですが体調崩しておりませんか? 明日からはお盆休みという方も多いと思うので体調万全で行きましょう!

私ですか?

TAROの競馬さんは、暑いの結構平気なんですよね(笑)。唯一堪えたのは京都に住んでいた時、特に猛暑が厳しかった2003年か2004年の夏です。あと、中学の頃に東京に来た時、1997年くらいだったと思うんですが、当時秋葉原にあった鉄道博物館に行ったんですが、あの日は異常なほど暑くてこれはやばいってなりました。(唯一ではないか)

今年くらいなら余裕です。体調も万全、あとは週末の馬券の的中のみです。

……というわけで、お盆休みも是非TAROの競馬の予想に期待してください。金曜日のこの時間の準備が、週末の予想にも大事になりますので、競馬ノート読者の皆さんは是非「金曜版」もチェックして週末に臨みましょう。

先週末は日曜に勝負レースを3つまとめてお送りしましたが、決して小倉記念だけではありませんよ。

例えば、先週のメインレース、予想は合計5レースお送りしましたが、そのうち3レースは伏兵に本命を打って好走してくれました。

札幌日経オープン ◎ハッピーグリン 8番人気2着
越後ステークス ◎ヴォーガ 10番人気2着
小倉記念 ◎カデナ 6番人気2着

しかし…ですよ、

現代競馬はここからが大事 です。

どう買うか? どんな券種選ぶか?

TAROの競馬ノートではそこまでカバーしています。具体的な買い方や券種もレースごとに考えてお送りしていますので、より実践的かつ的確な判断ができるでしょう。

また、的中だけを騒ぐのではなく、きちんと毎週明けに勝負レースの結果報告もお送りしています。

上記のレースでいえば、越後ステークスはキッチリ儲かりましたが…

◎ハッピーグリンの札幌日経オープンは全く儲かりませんでした。汗

競馬って何も考えないで買い続けると勝手に負けが積み重なっていきます。たまたま当たることはありますし、時には天才もいますが、多くの競馬ファンはイチローでもなければ大谷翔平でもありません。

やはり、それなりの覚悟をもって、学ぶことも大事です。

でも、正直趣味の競馬でそんな大変な苦労とかもしたくないですよね?

だったら、面倒くさい部分を外注してしまおう、TAROの競馬に任せてしまおう、その上で上手いこと利用して踏み台にして、勝利を目指す、それで良いのかなと思います。

是非、TAROの競馬ノートを読むことを習慣づけて、回収率アップを目指しましょう。

競馬ノートはコチラから、初月無料で読むことができます。

PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(週末フル予想+予想に直結する回顧)

先週は読者の皆さんもたくさんの的中を届けてくれました。

そうそう、これらの馬券を見ていただくと分かると思うのですが…

 

みなさん、TAROより馬券の買い方が上手です!!笑

 

でもね、それで良いんですよ。私は、勝たせてやるぞ!っていうスタンスではないですから。むしろ私が考えたノウハウなり技術なり、あるいは買い方でもなんでも、どんどん盗んで広めていただきたい。私はまたそうしたら次の方法をどんどん考えますので。

今週末は2つの重賞、エルムS&関屋記念の他に、土曜の新潟×レース他、勝負レース含め6~7レースはお送りするつもりです。

ビシッと仕留めて、なんならお盆の旅行代でも、あるいは夏バテもしますし焼肉代でも稼げたら最高ですね。

TAROの競馬では競馬で家を建てようとか、人生を変えようといったことは推奨していません。競馬で人生は変わりません。しかし、競馬で日常生活が少し楽しくなったり、あるいは週末幸せになったり、あるいはちょっと家族と美味しいモノを食べられたり、それでもよいのかなと思います。本来趣味ってそういうものですから。

月額1,620円(税込)でそのヒントを得られて、キッカケになるのであれば安いものです。以下より購読できます。

 

メールアドレスさえあればすぐに読むことができます。次は週末の予想でお会いしましょう^^

スポンサーリンク



by
SNSでフォローする