枠、馬場、展開から穴馬を発掘する新時代の競馬予想&情報ブログ

【回顧】今年のユニコーンSはレベル高くない/いよいよ宝塚記念2019!

こんにちは!

つくづく先週の薬物騒動が宝塚記念の週末じゃなくて本当によかったなと思います。まさに不幸中の幸い。

先週はそんな事情もありおとなしくなった方も多いと思うので、その分、今週末の宝塚記念でドカンとぶつけたいですね。

まずは先週末の競馬を軽く振り返っておきましょう。

~ユニコーンS 2019 結果

1着 …1ワイドファラオ(3人気)
2着 ▲8デュープロセス(2人気)
3着 △11ダンツキャッスル(6人気)
——-
4着 ◎10ヴァニラアイス(8人気)

<重賞レース回顧>

以下、本日18時配信予定・競馬ノート重賞回顧版より引用。

◆ユニコーンS

(総評)メンバーレベル:C 展開&馬場:最内枠ワイドファラオがスンナリ逃げ、隊列すぐ決まり字面のペース以上に楽な流れで前残り。

~初ダートも最内枠からスンナリ逃げたワイドファラオが押し切り~

デビュー以来4戦3勝のデアフルーグ、そのデアフルーグに前走土をつけた4連勝中のデュープロセスが人気を分け合う形。最終的には僅差でデアフルーグが1番人気の支持を集めた。

レースは最内枠から初ダートのワイドファラオが逃げ、2番手に好スタートのヴァニラアイスがスンナリ付けて、各馬が牽制しあう形で字面の数字以上に実質的にはスローペースとなった。

隊列がすぐに決まったことで後続勢は動くに動けず、道中前か内にいた馬が断然有利流れに。
直線に入ると楽な手応えで粘り込みを図るワイドファラオに対し、デュープロセスが差を詰めて来る。
だがワイドファラオもしぶとく、最後は2頭の叩き合い。
結局アタマ差ワイドファラオが追撃を抑えて勝利、見事初ダートで重賞制覇を飾った。
2着にデュープロセス、そこから3馬身離された3着にはダンツキャッスルが入線、
人気を集めたデアフルーグは直線外を回したが伸び切れず7着に敗れた。

例年大物が集うレースで過去の勝ち馬は錚々たる顔ぶれだが、今年はそれと比べるとやや小粒な印象。
メンバーレベルが低いということはないが、ユニコーンSとしては低調な部類。
先々ダート界を引っ張るほどの存在はいなかったように思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

各馬の詳細な短評・続きは競馬ノートでご覧ください。

というわけで、今週末はいよいよ宝塚記念!

阪神の馬場も良い感じになって来ているし、とても楽しみな一戦です。

個人的にこの宝塚記念は、本命馬が来るけど馬券は…みたいなケースが非常に多いんですよね…(;’∀’)

昨年も◎ワーザー(10番人気2着)

しかし、勝ち馬、ミッキーロケットが抜け。

その他最近だと…

2015年◎デニムアンドルビー(10番人気2着) → 3着ショウナンパンドラ抜け
2014年◎カレンミロティック(9番人気2着) → 3着ヴィルシーナ抜け
2013年◎ゴールドシップ(2番人気1着) → 的中!

今年は本命を仕留めた上で、相手もビシッと仕留めたいですね!

そんなわけで、現時点での本命候補はこの馬。

人気ブログランキング

前走を見てもやっぱりこの馬阪神が一番合うと思うんですよね。距離も荒れ馬場も全く問題ないですし、展開的にも合いそう。有力でしょう。

逆に危険な馬を挙げておきます。

人気ブログランキング

血統的には合いそうなんですが…前走のレース内容が今回へのステップとしては最悪な気がするんですよね。今回乗り替わりの鞍上の腕…というか発想力でどういう競馬をするかってのは楽しみではあるので、そこ次第でしょう。出たなりで行くと位置取りが悪くなりそうなので、ある程度出していきたいですね。それならば有力だと思います。いずれにしても難しいシチュエーションではあるでしょう。

by
SNSでフォローする